カダソンスカルプシャンプーと言えば、皮膚科専門医の監修で開発された脂漏性皮膚炎で悩んでる方のためのスカルプシャンプー。

 

➡️店舗・販売店や薬局にあるのか、安いのはどこか確認して【ある事実】が判明。

 

知らずに損した私から一言だけ。

 

  1. 店舗・薬局に取り扱いなし(当記事で確認可)
  2. Amazon・楽天・Yahooは定価
  3. 公式定期の2本で5,150円は最安&初回解約可

 

2本で5,150円+初回解約可はこちらのみ

↓↓↓

 

 

 

カダソンスカルプシャンプーはロフトやハンズなどの店舗にある?

カダソンスカルプシャンプーの検索結果|ロフト

→取り扱いなし

 

カダソンスカルプシャンプーの検索結果|【東急ハンズネットストア】

→取り扱いなし

 

カダソンスカルプシャンプーの検索結果|イオン

→取り扱いなし

 

カダソンスカルプシャンプーの検索結果|ドンキホーテ(ドンキ)

→取り扱いなし

 

主な販売店のオンラインサイトでカダソンスカルプシャンプーの取り扱いがないか探してみたのですが、どの店舗にも取り扱いがありませんでした。

念の為実際にご自身の目で検索結果を確認してみてくださいね。

 

カダソンスカルプシャンプーはマツキヨやウェルシアなどの薬局ある?

カダソンスカルプシャンプーをマツキヨで検索した結果

→取り扱いなし

 

カダソンスカルプシャンプーをツルハドラッグで検索した結果

→取り扱いなし

 

カダソンスカルプシャンプーをウェルシア薬局で検索した結果

→取り扱いなし

 

カダソンスカルプシャンプーをココカラファインで検索した結果

→取り扱いなし

 

主な薬局のオンラインサイトでカダソンスカルプシャンプーを検索してみた結果ですが、どの薬局も取り扱いなしでした。

念の為実際にご自身の目で検索結果を確認してみてくださいね。

 

近くの薬局に探しにいっても良いのですが、これだけ取り扱いなしの情報が揃っている以上、あまり期待はできないでしょうね。せめて行く前に店舗に電話して確認してからの方が無駄がなくて良いと思います。

 

確認するときは、店員さんがカダソンスカルプシャンプーを知らない場合もあるので、JANコードで確認してもらうと確実かと思います。

 

カダソンスカルプシャンプーのJANコードは「調査中」です。

 

カダソンスカルプシャンプーはAmazonに取り扱い店舗がある?

カダソンスカルプシャンプーをAmazonで検索した結果

 

薬局や店舗のオンラインショップに取り扱いがない場合でも意外と取り扱い店舗が存在するのがAmazon。

 

というのも、個人の転売ヤーが出品しやすいという事情があり、個人で公式キャンペーンのカダソンスカルプシャンプーを購入してAmazonで高く売る(それでも定価よりは安い)ということが行われる可能性が高いからです。

 

そんなAmazonには、カダソンスカルプシャンプーがありました!

 

 

しかし、250mlx2本が6,436円ということで、公式の5,150円キャンペーンよりは高いですね。

 

というか定価ですね。

 

 

 

 

 

 

 

カダソンスカルプシャンプーは楽天に取り扱い店舗がある?

カダソンスカルプシャンプーを楽天で検索した結果

 

楽天にも、カダソンスカルプシャンプーの取扱店がありました。

 

楽天の価格なのですが、Amazonと同じく定価の6,436円ですね。

 

 

 

カダソンスカルプシャンプーはYahooショッピングに取り扱い店舗がある?

 

カダソンスカルプシャンプーをYahooショッピングで検索した結果

 

Yahooショッピングにも同じくカダソンスカルプシャンプーの取り扱い店舗がありました。

 

なんと2本で10800円という、定価よりも高い値段でした(^◇^;)

 

 

カダソンスカルプシャンプーは公式がお得。

公式サイトに2本セットで定価6,436円が5,150円になる定期便キャンーペーンが実施中です。

 

このキャンペーンは一応定期購入なのですがよくある継続購入のお約束がナシで1度だけの購入で解約できます。

まずは気軽に試してもらうための割引になっています。

 

なので、1本だけ試したい人でもこのキャンペーンを選ばないのは損という感じですね。

 

 

 

カダソンスカルプシャンプーを販売店や薬局で探す際の注意点

開封後の使用期限は商品によって異なり、中には期限が短いものもあります。そのためオークションサイトにおいて、開封された時期が確認ができない危険性があります。



また例え未開封や開封して間がなくても、適切な環境で保管されていない場合には中の成分が分離していたり、固形化していることもあり、商品が正常に使用出来ないことがあります。
お近くの店舗でご購入の際は、在庫がない可能性があるほかに、販売価格の割引に限りがあります。



一方、公式サイトのキャンペーン価格は目的は商品を多くの方にしっていただける中々出会えないお値引き価格でお手頃価格に値下がりすることもあります。
ラクマやモバオクなどのオークションサイトの場合は使いかや使用期限が過ぎている中古品、保存状態が悪かったものが出品されていたりします。
「返品一切不可」と決められているオークションもあるため、全ては自己責任となります。

楽天やAmazon等の各種通販サイトにおいては一度アカウント登録をしておけば何度も個人情報を入力する手間が省略可能です。どちらも信頼がおける会社でもあります。



しかし現実には定価での販売が大半であり、一見安値に感じても価格が税抜き表記であったり、送料が別途にかかるものがあります。

また、薬局や店舗で購入する際に商品の在庫状況を店員さんにすばやく確実に調べてもらうためにはその店舗の販売員が商品名を掌握していない可能性もございます。

それは、商品ごとにJANコードという名前の商品の識別コードをそれを伝えると問い合わせが円滑にできます。


この商品に限ったことはではないのですが、楽天には出店するだけで出店料がかかってきます。つまり、願望販売価格に出品手数料だけでなく出店手数料なども販売することになります。
出店したものの利益が生まれなければ、当然のことながら企業は赤字となってしまいます。
Amazonや楽天等のネットショッピングサイトでは、商品を出品する際の出品手数料や、販売時の手数料を負担する必要があるので、基本的には公式サイトよりも安価で商品が提供されることはありません。同商品を購入するにも、間に入っている運営会社への手数料の支払いが無い方が安価なのは当然ですので、必然的にこのような差が出てきてしまうようですね。ドラッグストアや一般店舗が、ストックにもち合わせがある場合はその場で直ぐに購入できます。
ですが、即座の入手をご願望という場合は別ですが、安心確実な最安値でご提供しているオフィシャルサイトを経由しての通販が最もお得です。


楽天の出店契約は最低3ヶ月からで、1年契約でもけっこうな金額になります。

月額の固定費は仕方がないとして、販売手数料として、売上の数%を支払うことは出店する側にとって、大きな負担です。

そして最後にドラッグストアなどで手に入れる場合ですが、欠品してしまっている商品やご購入できない商品も店舗によっては在庫があったり取り扱いがある可能性もあります。


電話をかけるなどして前もって問い合わせをしてからお買いもとめいただくことをお勧めします。サンプルセットなどの商品の公式なキャンペーンでは、Amazonでも買える場合がありますが大方は転売品です。

転売品は過剰な利益を得るために設定された価格公式サイトと比べるとどうしても割高となってしまうワケです。
楽天市場で商品を検索してみると、価格が一番安いことがあります。しかし、別途送料がかかることがあるので、送料を含めた総合した価格は公式サイトの方がお買い得となる可能性もあるため、事前の確認が必須です。